PAGE TOP ▲

FRPリバース工法

FRPリバース工法は、屋外暴露等、諸事情による腐食劣化したプールボックス、ダクト、盤を既存状態のまま現場にて耐食性、耐衝撃性を兼ね備えたFRPで積層成型・再生します。

FRPリバース工法の特徴

  • 運転中に於いても、ケーブルを引き抜く事なく短期間で施工できます
  • 修繕困難な外装板もFRP成型が可能です
  • 耐候性・耐食性及び衝撃性に優れ、長年にわたって強度や美観を損なうことがありません
  • 御指定色に着色可能です
  • 難燃性を有していますので、防災基準の厳しい石油産業・化学産業・電力等、コンビナート地域での使用に適しています

FRPリバース工法の施工手順

1.蓋取り外し 2.素地調整 3.プレハブ箱嵌合
4.段差修正 5.FRP接着 6.完成

FRPリバース工法 施工例

施工前 施工後

施工前 施工後

当サイト内のご質問に関しては、弊社お客様担当窓口までお問い合わせ下さい。
当サイトへのリンクは自由です。ただし著作権は阿南電機株式会社にあります。
Copyright(C) ANANDENKI CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.