PAGE TOP ▲

ウルトラ工法

漏油修理の切り札 ウルトラ工法 ウルトラシール

ウルトラシールは、湿潤面・油面・低温部でも接着性が良く安全性、効率性を共に確保した2液主材型アクリル系高性能接着剤です。

ウルトラシールの特徴

  • 水面・油面接着が可能
    従来のエポキシ系接着剤では接着が難しかった水面・油面の接着が可能です
  • バランスの取れた接着性能
    せん断接着強さのみならず、剥離接着強さ・衝撃接着強さにも優れたバランスの良い性能を有しています
  • 取扱が簡単
    経験の少ない方でも確実に計量・混合ができるよう2液シリンジタイプもご用意しています

ウルトラシール詳細はこちら

ウルトラ工法の施工方法 <某発電所トランス漏油工事>

1 作業開始前 2 カラーチェックにて
  漏油箇所確認
3 ケレン作業 4 ウルトラシール
  塗布完了
5 カラーチェックにて
  漏油の有無を確認
6 ウルトラパッチを
  貼付け
7 完了  
 

ボルト部への施工

ボルトキャップ単体 ボルトキャップにシールを充填 ウルトラシール+ボルトキャップ

ウルトラシール 施工例

ブッシング漏油

トランス下部

ブッシング上部

主要変圧器フランジ

ラジエターフィン補修 ブッシング部セメンチング

当サイト内のご質問に関しては、弊社お客様担当窓口までお問い合わせ下さい。
当サイトへのリンクは自由です。ただし著作権は阿南電機株式会社にあります。
Copyright(C) ANANDENKI CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.