PAGE TOP ▲

「手すり一体型開口部蓋」90(きゅうまる)ハッチ

機器搬入口安全柵一体型マシンハッチ 90ハッチ

特長

安全・小労力でハッチ本体が安全柵に

  • 安全柵と床板が、同一平面上(フロアレベル)に組み込まれています。
  • 安全柵を先に立てなければ、床板を引き起こせない安全優先構造です。
  • 床板は、バランスウェイトを用いた開閉機構を採用しており、一人でも容易に開閉できます。
  • 起こした床は、先の安全柵との連結により、床板そのものも安全柵となります。

素早く・確実開閉

  • 開閉時間は約90秒と、スピーディーな作業が可能です。
  • 天井クレーンの操作も、ワイヤーロープやシャックルの準備も必要ありません。

省力化設計

  • モーターや油圧ポンプを使用しませんので、電気的あるいは油の保守の必要がありません。
  • ギヤー軸受け部は、オイルレスですので機械的保守の必要もありません。
  • 設計に於いては既設・新設、グレーチング・縞鋼板、コンクリ―ト床、梁構造床のいずれにも対応できます。
  • 防火・防水・防音対策も、別タイプで対応できます。
機器搬入口安全柵一体型マシンハッチ

90(きゅうまる)ハッチ設置後の改善比較

項目 従来 設置後
開口周囲の養生資材や設置作業 必要 不要
天井クレーンの操作 必要 不要
ワイヤーロープ・シャックルの準備 必要 不要
玉掛け技術者とクレーン運転者 必要 不要
床蓋の仮置きスペース 必要 不要
床蓋の開閉作業の時間 時間が掛かる 90秒以内
床蓋の重量 重い 引上げ
200N/1~2名
床蓋や、受け梁を落とす危険性 あり 一切なし
開口部より墜落の危険性 あり 一切なし

90ハッチの特徴

90ハッチ 製作標準仕様

項目 仕様
開口寸法(縦×横) 下表による(標準品サイズの場合)
有効開口寸法 下表による(標準品サイズの場合)
開口蓋の種類 グレーチング製 縞鋼板製・平鋼板製
設計上載荷重 標準4.9kN/m2(20kN/m2まで製作可)
床板開閉操作力 300N以下/1~2名(標準仕様の場合)
据付方式 埋め込み・梁受け・(着脱方式も製作可)
材料 SS400(SUS304製作可)
表面仕上げ 塗装(仕様の選択可能または亜鉛溶射+塗装)

※仕様については予告なく変更することがあります。

90ハッチ 標準品サイズ表 箱抜き埋め込み式(スラブ厚が400mm以上)

形式 有効開口寸法(mm) 開口寸法(mm) 箱抜寸法(mm)
A B a b C:水平 D:垂直
J90-1515S 1500 1500 1700 1800 200 200
J90-1520S 1500 2000 1700 2300 200 200
J90-1525M 1500 2500 1700 3000 230 230
J90-2020S 2000 2000 2200 2300 200 200
J90-2025M 2000 2500 2250 3000 230 230
J90-2030M 2000 3000 2250 3500 230 230
J90-2525M 2500 2500 2750 3000 230 230
J90-2530M 2500 3000 2750 3500 230 230
J90-2535M 2500 3500 2750 4000 230 230
J90-3030M 3000 3000 3250 3500 230 230

※数値はあくまで目安としてご覧ください。

スラブ据付面詳細図

90ハッチ 標準品サイズ表 アングル枠取付方式(スラブ厚が200mm~400mm未満の場合)

形式 有効開口寸法(mm) 開口寸法(mm) アングルサイズ
A B a b
J90-1515SL 1500 1500 1930 2030 L130×130×12
J90-1520SL 1500 2000 1930 2530 L130×130×12
J90-1525ML 1500 2500 1980 3280 L150×150×12
J90-2020SL 2000 2000 2430 2530 L130×130×12
J90-2025ML 2000 2500 2530 3280 L150×150×12
J90-2030ML 2000 3000 2530 3780 L150×150×12
J90-2525ML 2500 2500 3030 3280 L150×150×12
J90-2530ML 2500 3000 3030 3780 L150×150×12
J90-2535ML 2500 3500 3030 4280 L150×150×12
J90-3030ML 3000 3000 3570 3780 L150×150×12

※数値はあくまで目安としてご覧ください。

スラブ据付面詳細図

90ハッチ 操作手順

ハッチ本体が安全策になりますので、誰でも簡単な操作で短時間に素早く開口作業ができます。

施工例

バランスウェイト

納入先:大阪府東部流域下水道川俣ポンプ場
設備名 : 機器搬入開口
開口寸法:3,000mm×2,000mm
納入年月:平成14年3月

操作手順

90ハッチ 代表的なバリエーション

標準引き起こしレバー方式 サイドレバー方式
標準引き起こしレバー方式 サイドレバー方式
床板が壁などで引き起こし作業スペースがない場合
1枚床方式(小開口用) 小型アルミパッチ
1枚床方式(小開口用)
チェーン側安全柵パイプに収納された連結パイプを上方に引き出し、中央部で連結する。
小型アルミパッチ
開口面積1.2m2~2m2未満の小開口に適しています。床板には、軽量なアルミを使用。

可動方杖方式

可動方杖機構は、床閉止時に床の方杖として作用するため、床の強度向上につながります。長辺側4,000mmを超える大型のハッチも方杖機構により製作可能です。

開口上部 開口下部
閉止状態
閉止状態開口上部 閉止状態開口下部
床板引き起こし(標準引き起こしレバーにより2名で操作)
床板引き起こし開口上部 床板引き起こし開口下部
全開状態
全開状態開口上部 全開状態開口下部

密閉タイプ

【気密・防臭対応型】
標準タイプ(縞鋼板)の重ね部・全周囲にパッキンを施し、気密性を確保しています。
※床板を数か所ボルト固定すると、さらに気密効果が向上します。
注)完全な気密性は有しておりません。

密閉タイプ

防水タイプ

ハッチ本体を開口の上に覆い被せる構造で、開口内に水が入りません。雨がかかる屋外の天蓋等に最適です。

閉止時

ハッチ本体を開口に上置きしているので、床面との段差ができます。隙間はありませんが、防水性を持続するためには、本体枠周囲のコーキングを定期的に打設してください。
注1)雨量・風量等の諸条件により、多少の水が浸入する可能性があります。又、水没する場所には適しておりません。
注2)室内が負圧となる場合や、結露する場合は、別途対策が必要となります。

閉止時

納入先:水資源機構 一庫ダム管理所
開口寸法:2,560mm×2,000mm
納入年月:平成21年3月

床分割方式※特大開口用(最大実績約46m2

長編方向のスパンが7m以上になるような開口の場合(最大実績14m)でも床板を分割し、可動方杖で強度を確保する事によって設置が可能です。分割位置に梁が入らないので有効開口が広くなり、差し込み式の手摺を設置して、部分的にハッチを開ける事もできます。

床分割方式

納入先:東京都水道局 朝霧浄水場 排水処理場
開口寸法:13,850mm×3,300mm
納入年月:平成22年4月

折り畳み床方式

開口時の床板の高さや、開口内のバランスウェイトの長さに制限がある場合(吊り代が無くて柵を高くできない場合や開口内に障害物があり、バランスウェイトが干渉する場合など)には、開口時に片側の床板が二つ折りになる構造の折り畳み床方式が適しています。

折り畳み床方式

納入先:九州電力株式会社川内原子力発電所
設置名:2号CB15m配線処理室
開口寸法:2,300mm×1,000mm
納入年月:平成21年10月

施工例「原子力発電所」

北海道電力株式会社 泊発電所
設備名:1号機タービン油冷却器開口
納入年月:平成19年5月
開口寸法:3,600mm×2,100mm

床板引き上げ 全開状態
床板引き上げ 全開状態

北海道電力株式会社 泊発電所
設備名:3号原子炉補助建屋(建設所)
納入年月:平成18年11月
開口寸法:3,500mm×2,750mm

本体吊り込み 全開状態
本体吊り込み 全開状態

日本原燃株式会社
設備名:DB建屋(第2低レベル廃棄物貯蔵建屋)
納入年月:平成23年3月
開口寸法:3,500mm×2,000mm

全開状態
全開状態

日本原子力発電株式会社 東海第二発電所
設備名:廃棄物処理建屋3F
納入年月:平成21年2月
開口寸法:3,000mm×2,500mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

日本原子力研究開発機構 大洗研究開発センター
設備名:高温工学試験研究炉(HTTR)
納入年月:平成18年3月
開口寸法:3,000mm×2,800mm

全開状態 閉止状態(開口下部より)
全開状態 閉止状態(開口下部より)

東京電力株式会社 柏崎刈羽原子力発電所
設備名:1号T/B機器搬出入ハッチ
納入年月:平成18年7月
開口寸法:4,300mm×3,500mm(1F)

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

日本原子力研究開発機構敦賀本部 高速増殖炉もんじゅ建設所
設備名:原子炉補助建物機器搬入ハッチ
納入年月:平成16年2月
開口寸法:4,500mm×4,000mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

日本原子力発電株式会社 敦賀発電所
設備名:2号 EL7.3m安全補機室B側
納入年月:平成17年11月
開口寸法:3,500mm×3,000mm

床板引き上げ 全開状態
床板引き上げ 全開状態

日本原子力発電株式会社 敦賀発電所
設備名:タービン建屋2号CP3F
納入年月:平成23年3月
開口寸法:10,560mm×4,640mm

全開状態 部分開口時
全開状態 部分開口時

関西電力株式会社 美浜発電所
設備名:3号FWBP開口部
納入年月:平成18年1月
開口寸法:3,350mm×2,700mm

全開状態 床板引き上げ中
全開状態 床板引き上げ中

関西電力株式会社 高浜発電所
設備名:1・2号コンデミ建屋開口部
納入年月:平成17年3月
開口寸法:2,500mm×2,320mm

全開状態
全開状態

関西電力株式会社 大飯井発電所
設備名:3号FWBP開口部
納入年月:平成20年4月
開口寸法:5,150mm×4,000mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

四国電力株式会社 伊方発電所
設備名:2号補機搬出入口
納入年月:平成16年8月
開口寸法:3,800mm×2,420mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

九州電力株式会社 玄海原子力発電所
設備名:2号給水ブースターポンプ機器搬入開口
納入年月:平成16年2月
開口寸法:2,980mm×3,120mm

全開状態 全開状態
全開状態 全開状態

九州電力株式会社 川内原子力発電所
設備名:2号 C/V 機器搬入口
納入年月:平成19年8月
開口寸法:4,500mm×3,000mm

片側全開状態 片側全開状態(開口上部より)
片側全開状態 片側全開状態(開口上部より)

施工例「水力発電所」

北海道電力株式会社 真勲別発電所
設備名:発電機搬入口
納入年月:平成23年3月
開口寸法:1,880mm×1,740mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

電源開発株式会社 糠平発電所
設備名:発電機搬入口
納入年月:平成21年8月
開口寸法:2,520mm×2,020mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

東京電力株式会社 神流川水力建設所(揚水)
設備名:1・2号機側マシンハッチ
納入年月:平成15年3月
開口寸法:3,800mm×2,800mm

建設所風景 本体吊り込み 全開状態
建設所風景 本体吊り込み 全開状態

東北電力株式会社 豊実発電所(揚水)
設備名:機器搬入口(1F~B5F)
納入年月:平成24年11月
開口寸法:4,030mm×4,000mm

開口上部より(複層階 6開口) 建設風景
開口上部より(複層階 6開口) 建設風景

電源開発株式会社 奥清津発電所(揚水)
設備名:2・3号間搬入開口
納入年月:平成20年2月
開口寸法:2,800mm×2,450mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

中部電力株式会社 奥美濃水力発電所(揚水)
設備名:3・4号器搬入開口
納入年月:平成23年3月
開口寸法:3,500mm×2,170mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

電源開発株式会社 手取川第一発電所
設備名:機器搬入開口
納入年月:平成23年7月
開口寸法:2,780mm×1,980mm

全開状態 開口下部より(複層階)
全開状態 開口下部より(複層階)

関西電力株式会社 黒部川第四発電所
設備名:機器搬入口
納入年月:平成24年1月
開口寸法:3,010mm×2,420mm

全開状態 黒部ダム
全開状態  

関西電力株式会社 今渡発電所
設備名:機器搬入口
納入年月:平成23年8月
開口寸法:5,170mm×2,760mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

関西電力株式会社 新由良川発電所
設備名:機器搬入口
納入年月:平成17年3月
開口寸法:6,200mm×3,000mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

関西電力株式会社 奥吉野発電所(揚水)
設備名:機器搬入開口
納入年月:平成23年2月
開口寸法:2,260mm×1,800mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

関西電力株式会社 大河内発電所(揚水)
設備名:機器搬入開口
納入年月:平成22年3月
開口寸法:2,760mm×1,500mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

電源開発株式会社 早明浦発電所
設備名:開口部開放ハッチ
納入年月:平成12年11月
開口寸法:2,900mm×2,200mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

四国電力株式会社 平山発電所
設備名:発電機室機器搬入開口
納入年月:平成20年3月
開口寸法:2,300mm×2,300mm

全開状態 開口下部より
全開状態 開口下部より

電源開発株式会社 瀬戸石発電所
設備名:2号倉庫開口
納入年月:平成21年9月
開口寸法:2,500mm×2,500mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

施工例「変電所」

関西電力株式会社 本山変電所
設備名:機器搬入開口(2F,3F)
納入年月:平成23年1月
開口寸法:2,520mm×1,950mm

開口上部より(全開状態) 開口上部より(閉止状態)
開口上部より(全開状態) 開口上部より(閉止状態)

施工例「火力発電所」

沖縄電力株式会社 吉の浦火力発電所
設備名:1・2号C/C発電設備
納入年月:平成23年7月
開口寸法:4,280mm×2,220mm

建設所風景 全開状態 閉止状態
建設所風景 全開状態 閉止状態

関西電力株式会社 南港発電所
設備名:2号タービン建屋点検開口
納入年月:平成16年3月
開口寸法:3,060mm×3,560mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

関西電力株式会社 姫路第一発電所
設備名:定検資材搬出入ハッチ
納入年月:平成18年9月
開口寸法:3,500mm×1,850mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

九州電力株式会社 新大分発電所
設備名:3号低圧給水ポンプ
納入年月:平成16年2月
開口寸法:2,980mm×3,120mm

部分開口時
部分開口時

施工例「公共施設(上水道)」

東京都水道局 金町浄水場
設備名:高度浄水ポンプ棟機器搬入口(1F)
納入年月:平成24年2月
開口寸法:5,250mm×4,520mm

施設外観(建設中) 閉止状態 全開状態
施設外観(建設中) 閉止状態 全開状態

東京都水道局 東村山浄水場
設備名:オゾン処理棟1F ポンプ室機器搬入口
納入年月:平成21年4月
開口寸法:3,500mm×3,250mm

全開状態 施設外観
全開状態 施設外観

横浜市水道局 川井配水ポンプ場
設備名:機器搬入口
納入年月:平成21年4月
開口寸法:3,010mm×2,500mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

東京都水道局 豊洲増圧ポンプ所
設備名:機器搬出入開口(B1F,1F)
納入年月:平成19年12月
開口寸法:2,940mm×1,790mm

全開状態 施設外観
全開状態 施設外観

横浜市水道局 西谷ポンプ場
設備名:機器搬入口
納入年月:平成24年2月
開口寸法:3,500mm×2,500mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

川崎市上下水道局 長沢浄水場(屋外防水型)
設備名:機器搬入口
納入年月:平成24年4月
開口寸法:3,000mm×3,000mm

床板引き上げ中 閉止状態 全開状態
床板引き上げ中 閉止状態 全開状態

茨城県企業局 水海道浄水場
設備名:中間ポンプ棟 機器搬入口
納入年月:平成24年6月
開口寸法:3,030mm×2,500mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

大阪府水道部北部水道事業所 第3中継ポンプ場
設備名:機器搬入口
納入年月:平成17年11月
開口寸法:3,200mm×2,500mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

大津市企業局 真野浄水場
設備名:中央管理室搬入口
納入年月:平成22年8月
開口寸法:2,680mm×1,810mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

泉大津市上下水道局 中央浄配水場
設備名:管理棟
納入年月:平成18年6月
開口寸法:3,000mm×2,750mm

床板引き上げ中 全開状態
床板引き上げ中 全開状態

施工例「公共施設(下水道)」

虻田町(北海道)※JS委託 洞爺湖温泉ポンプ場
設備名:沈殿池
納入年月:平成15年3月
開口寸法:2,300mm×2,000mm

施設外観 全開状態
施設外観 全開状態

徳島県(JS委託) 旧吉野川浄化センター
設備名:送風機棟(3F)
納入年月:平成20年9月
開口寸法:2,250mm×2,300mm

搬入時 全開状態
搬入時 全開状態

(旧)日和佐町(徳島県)※(JS委託 日和佐浄化センター
設備名:機器搬入開口
納入年月:平成16年3月
開口寸法:2,300mm×2,300mm

施設外観 全開状態
施設外観 全開状態

木更津市(JS委託) 金田西汚水中継ポンプ場
設備名:機器搬入口
納入年月:平成24年4月
開口寸法:3,000mm×3,000mm

搬入時 全開状態
搬入時 全開状態

千葉市下水道局 神明第2ポンプ場
設備名:換気・脱臭機室
納入年月:平成19年12月
開口寸法:2,250mm×4,500mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

三重県中勢流域下水道事務所 山添ポンプ場
設備名:機器搬出入開口(B1F,1F)
納入年月:平成19年10月
開口寸法:1,800mm×1,760mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

滋賀県東北部流域下水道事務所 琵琶湖東北部浄化センター
設備名:送風機棟
納入年月:平成16年7月
開口寸法:2,300mm×2,300mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

壱岐市 郷ノ浦町 中央水処理センター
設備名:真空ポンプ室
納入年月:平成17年2月
開口寸法:2,300mm×2,000mm

施設外観 床板引き上げ 全開状態
施設外観 床板引き上げ 全開状態

広島県下水道公社 芦田川浄化センター
設備名:主ポンプ棟スクリーン機械搬入口
納入年月:平成17年3月
開口寸法:2,300mm×1,400mm

全開状態(ステンレス製) 閉止状態
全開状態(ステンレス製) 閉止状態

京都市上下水道局(下水道部) 有栖川ポンプ場
設備名:機械搬出入開口
納入年月:平成19年3月
開口寸法:2,100mm×2,500mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

岩手県 北上川上流流域下水道 柴沢汚水中継ポンプ場
設備名:機械搬出入開口
納入年月:平成19年11月
開口寸法:2,480mm×2,000mm

全開状態 閉止状態
全開状態 閉止状態

長野県千曲川流域下水道建設事務所 アクアパル千曲
設備名:第一ポンプ棟搬入口
納入年月:平成21年3月
開口寸法:3,000mm×2,500mm

施設外観 全開状態
施設外観 全開状態

川崎市建設局下水道部 入江崎水処理センター
設備名:見学者用開口(初沈・反応槽・終沈)
納入年月:平成19年3月
開口寸法:3,220mm×1,920mm

初沈開口 反応槽開口 終沈開口
初沈開口 反応槽開口 終沈開口

大阪府北部流域下水道事務所 大阪国際空港内 雨水貯留施設
設備名:管路施設
納入年月:平成19年10月
開口寸法:2,600mm×1,600mm

全開状態 開口上部より(施工中) 閉止状態
全開状態 開口上部より(施工中) 閉止状態

大阪市都市環境局 此花処理場
設備名:自家発電設備
納入年月:平成15年12月
開口寸法:3,220mm×2,520mm

閉止状態 床板引き上げ
閉止状態 床板引き上げ
全開状態 本体吊り込み中
全開状態 本体吊り込み中

堺市上下水道局 大和川ポンプ場
設備名:機器搬入用開口
納入年月:平成23年3月
開口寸法:2,000mm×2,000mm

搬入時 全開時(縞鋼板床) 全開時(グレーチング床)
搬入時 全開時(縞鋼板床) 全開時(グレーチング床)

大阪府東部流域下水道事務所 渚処理場
設備名:水処理施設(エアレーションタンク)
納入年月:平成16年3月
開口寸法:1,900mm×2,000mm

エアレーションタンク

施工例「公共施設(ダム・河川)」

国土交通省 中国地方整備局 江の川総合開発工事事務所 灰塚ダム
設備名:発電設備搬入口
納入年月:平成18年3月
開口寸法:4,000mm×2,000mm

施設外観 床板引き上げ 全開状態
施設外観 床板引き上げ 全開状態

大分県 稲葉ダム
設備名:利水放流設備 堤外バルブ室マシンハッチ
納入年月:平成19年5月
開口寸法:2,000mm×1,600mm

施設外観 全開状態
施設外観 全開状態

大阪府枚方土木事務所 仁和寺調整池
設備名:ポンプ・土砂揚げ用開口
納入年月:平成21年4月
開口寸法:3,000mm×1,400mm

閉止状態 安全柵設置 全開状態
閉止状態 安全柵設置 全開状態

施工例「地下道路・換気所」

首都高速道路(株)東京建設局 中央環状新宿線要町換気所
設備名:換気ファン室 機器搬出入開口(B1F,B2F,B3F,B5F)
納入年月:平成19年8月
開口寸法:4,500mm×4,500mm

開口上部より(複層階 4開口) 換気塔
開口上部より(複層階 4開口) 換気塔
閉止状態 全開状態
閉止状態 全開状態

首都高速道路(株)東京建設局 中央環状線 大橋換気所
設備名:1F機器搬入口
納入年月:平成22年1月
開口寸法:6,300mm×3,800mm

全開状態 大橋ジャンクション
全開状態 大橋ジャンクション

国土交通省 大阪港湾・空港整備事務所 夢洲(沈埋)トンネル夢洲側換気所
設備名:機器搬入口
納入年月:平成23年3月
開口寸法:3,500mm×3,500mm

開口上部より(複層階 3開口) 全開状態 本体吊り込み
開口上部より(複層階 3開口) 全開状態 本体吊り込み

当サイト内のご質問に関しては、弊社お客様担当窓口までお問い合わせ下さい。
当サイトへのリンクは自由です。ただし著作権は阿南電機株式会社にあります。
Copyright(C) ANANDENKI CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.